予防接種を受ける前に

子どもは病気にかかりやすく,かかると重くなることがありますが,予防接種で予防できる病気もあります。
予防接種には,予防接種法によって対象となる病気や対象者,接種期間などが定められた定期接種(日本脳炎や四種混合など)と,それ以外の任意接種(おたふく,ロタなど)があります。また,それぞれの予防接種には,対象年齢や接種に適した時期があります。

予防接種法で定められている定期予防接種は伝染の恐れがある疾病の発生・まん延を予防するために公衆衛生の見地から実施するものであり,対象者は定期予防接種を受けるよう努めなければならないとされています。

接種の前に,出生の翌月下旬にお送りする「予防接種手帳」(各種予診票がつづられたもの)の冒頭の説明文や予防接種手帳と一緒に送られる「予防接種とこどもの健康」をよく読み,準備をしましょう。

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP