予防接種の接種間隔が撤廃されます


令和2年10月1日から、法改正により予防接種の接種間隔が撤廃されます。
対象は下記の通りです。

【対象】
注射生ワクチン同士の接種≪以外≫の組み合わせ

注射生ワクチン接種後に注射生ワクチンを接種する場合、現状は27日以上開けて次回接種を行う必要があり、この内容は法改正後も同様です。
それ以外の組み合わせでのワクチン接種は、最短翌日の接種が可能となります。

【予防接種スケジュールでの変更内容】
予防接種スケジュールは、法改正後においても今まで通り接種間隔を保持したスケジュール作成を行います。

・予防接種スケジュールの基本方針
接種間隔の規定撤廃がされた後でも、ワクチンを打った翌日に間をあけず次のワクチンを接種することは副反応等の原因究明が困難になるほか、注射の痕が治癒するペース等を鑑みてもお子さまの身体的負担が大きいと考えます。
そのため、あえて法改正後においても法改正前の接種間隔を保持するスケジュール設定を行うことといたしました。

スケジュール作成後、接種日の変更はご利用者様の操作で最短翌日に行えるようになっております。
医師とご相談のうえ、適宜設定くださいますようお願いいたします。

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP